herako’s diary

私のための私による私のブログ。整理したいことや、吐き出したいことを練り練りして書いてます。

いきてる

なんとか仕事を終えて、家に帰って、掃除機をかけて、簡単に料理をしたりしなかったりして、シャワーを浴び、洗濯機を回して、ご飯を食べて、洗い物をして、洗濯物を干して、ベッドに横になる。つらく思うことも、苦しく思うことも、逃げ出したくなることも…

嫌だ、薄暗い特別な何かを抱えた、危うい存在でいたい。嫌だ、そんな存在でありたくない。普通になりたい。普通に仕事をして、普通に寝て、普通に。普通ってなんだ。普通になりたい。嘘だ。きっと今までも私は普通だ。これからも普通だ。 でも気付きたくなか…

彼女

あなたと離れて胸が痛いのは、いつの間にか私の一部になっていたあなたがいなくなってしまったから。 体を半分にちぎられたような痛みをまだ覚えている。 誰もいない早朝の物置部屋、校舎のすみであなたが来るのをドキドキして待ちながら、埃をかぶって黄ば…

美しいと思うものへの憧れと現実

それを理想と現実と呼ぶのだろうかと、ぼんやりと思いながら10連休のはざまにいる。 新社会人となり、会社というところに身を起き、日々なんとか過ぎ行く時間の流れについていけるように歩いている。私が入社した会社のことは、やはり詳しくは言えないが、と…

新しさへの予感

今週のお題「卒業」 内定が出て就職先が決まり、卒業も確定し、私は4月から社会人になる。文字にすればこれだけの話なのだが、私にとってここ数ヶ月は非常に慌ただしく、また落ち着かない日々だった。内々定が出たと思えば取り消され、そこから就活を再開し…

ドライフラワーを頂いた話

先日、Amazonのほしい物リストを公開したら早速買ってくれた方がいた。小さなドライフラワーがたくさん入ったつめあわせ。届いたときは思わず小躍りするほど嬉しかった。 幸い、買ってくれた方が名乗り出てくださったのでお礼を言うとともに、ブログで紹介す…

節分とわんこと私

今週のお題「わたしの節分」なるほど、本文に上のように入れておかないと今週のお題とやらにエントリーしたことにはならないらしい。まだまだはてなブログ、知らないことが多い。 私自身は季節の行事をあまり大切にする質でもないのだが、やはりこの時期にな…

感謝と御礼その2

先日の、「センター試験が終わったら死のうと思っている人たちへ。」を読んでくださった方々、またシェアしてくださった方々、本当にありがとうございます。 いつも100いかない程度のアクセス数がいきなり1日で8000近くまで伸び、さすがにちびるかと思いまし…

センター試験が終わったら死のうと思っている人たちへ。

センター試験が終わったら死のうと思っている人たちへ。 私がそうでした。つまりいつも通り、私による私のためのブログです。高校3年の秋にうつ病になり、高校に通うどころか引き篭もりになり、外にも出られずに一年浪人した。 予備校に通わせてもらいながら…

今週のお題「読書の秋」

なるほど今週のお題。そんなものもあったなと思い立って、読書という文字を目にして、これならば何かしら書けるのではないかと文字を打ち込んでいる。小学校、中学校、高校と、私の唯一の趣味は読書だった。 幼稚園に通っている時分から、親に図書館に連れて…

冬のはじめと秋の終わり

「採用させていただきたいと思います」電話口で相手はそう言って、明るく笑ったような気配がした。春から就職活動を始め、夏に内々定を貰って既往歴で取り消され、秋に活動を再開して。この電話一本で、私はやっと肩の力を抜くことができた気がした。全く予…

先の見えない夏

甲子園の話題で持ちきりな世間では、夏が終わっただの、平成最後の夏だのとなんだかんだ夏を楽しく過ごしている人が多いらしい。パジャマから着替えもせず、布団をたたむこともせずにひっくり返ってスマホを触り、なにもすることなく一日を終える。そうして…

お酒とゲームと長い夜

最近、昼間にあまり動かないからか寝付きが悪い。夜、飼っている犬の寝息だけが聞こえる空間で天井を見上げていると、不安や焦りに押しつぶされそうになる。だから、酒に何かと頼ることが多い家族の常備する安いビールを1、2缶失敬してパソコンの前に座る。…

なつやすみ

今まで生きてきた中で、もっとも何もしない夏休みを過ごしている。朝9時頃にのそのそ起きて、ご飯を食べてオカメインコと犬と遊んで、ゲームをして、そしたらご飯を食べてまたゲームをして、オカメインコと犬と遊んで、ゲームをして……。いいんだろうかと不安…

御礼と今後

先日の記事、『内々定を取り消しされた話、既往歴とうつ病』を読んでくださった皆様、またシェアしてくださったり、コメントをくださった皆様、ありがとうございます。自分の気持ちを整理するという目的も大きく、半ば書きなぐるようにして投稿した記事でし…

内々定を取り消しされた話、既往歴とうつ病

内々定がやっと出たと思ったら取り消された。簡単な話だ、うつ病という病気に注目され、面倒な人材は要らないと切り捨てられた。一ヶ月二ヶ月ほど前か、某信用金庫の説明会を受け、履歴書を提出し筆記試験を受けた。ぜひ面接に来てくれと言われ、グループデ…

生存している報告と生存していく報告

非常にじめじめむしむしと嫌な気候が続く。こんな日に冗談じゃないと思いながらリクルートスーツに身を包んだ私は、今日も重たい体でどこかの駅を歩いている。就職活動が本格化し、精神が不安定というより単純にここに割くだけのエネルギーと時間がなくなっ…

やる気/Zero

タイトルそのまんまである。 就職活動に卒論、やらなくてはならないことは分かっているのに動けない。何となく理由はわかる、どこから手を付けたらいいかわからないのと、並行作業が苦手なのとがそれだ。嫌になる。私は小さいころから予定を立てるのが苦手だ…

メンヘラと私と彼女と

数年前、私はメンヘラを名乗らなくなった。 理由はいくつかある。一つは、自傷行為を芸術的表現として使う人と同一視されたくなかったから。一つは、単なる面倒くさい人間だと思われたくなかったから。そして一つは、メンヘラと自称している限りいつまでたっ…

寒さに溶ける

外に出て、ダウンコートのポケットに手を突っ込んで首をすぼめて、寒いなあと思った。 この時期に吹き付ける風は、どうやら体をえぐっていったようだ。胃の下あたりを冷たい風が吹き抜けていくと体が一回り縮むような気がする。ぽっかりと空いた穴に、また冷…

妄想のはなし

何を書こうかとぼんやり考え、別に何も書く事は無いと手を下ろす。そんなことをしていたら、前回の記事からもうひと月も経つらしい。こうして何かを書き記すという行為は意外に疲れるものであり、取り掛かるのには勇気がいるものなのだ。仕方がない。という…

カウンセリングと私

私がカウンセリングに通って、3年と少し経った。体調と相談して、週一、または隔週で通い続けている。家庭の悩み、大学生活の悩み、人間関係の悩み、そして病気の悩みなど、様々な悩みをカウンセラーに吐き出して、解決策を探る手助けをしていただいている。…

死にたいと言うこと

気持ちの浮き沈みが激しい。季節の変わり目は大抵そうなるが、何度経験しても嫌なものは嫌である。不愉快で、自分にはなんの落ち度もない、質の悪い病気に後ろから刺され続けているような時間。非常に鬱々とした気分だが、不思議と今日は言いたいことがある…

いずれ黒歴史になる記事

ポエミーなことを書く。そういう気分になったので。昨日とても悲しかったことが、今日はそんなに悲しくない。無いと生きていけないと思ったものが、その他大勢の記憶とともに雑多に転がっている。 私は実に流動的で、ひとところにとどまることがない。悲しい…

しあわせな短い日記

8時頃起きて、朝食を適当にこしらえ、洗濯物を干し終えたらあとは自由。そんな日が週に2日ほど。バイトに行ったり大学で研究を進める日が殆どだが、それでも夏休みというものは精神的に大変楽である。なかなか思う存分遊ぶことはないが、それでも日々無理の…

猛暑

暑い。 ひたすらに暑い。 一歩外に出るだけで、満タンだった体力ゲージが赤点滅である。焼け付くアスファルト、水をかぶったようなサラリーマン、駅前で立ち尽くす私。世の中の平均女性より太り気味な私である。絵にするとしたらタイトルは「駅前で呆けるDEB…

短い日記

金曜日の夜、街を歩く人々の足元はどこかふわふわとしている。なぜか今日は闇の中、自己主張の激しいライトがあちこちで点滅して人々を呑み込んでいく。行く宛もなくゆっくり歩く街並みは、着飾った田舎娘が慣れないダンスを踊っているようで、今夜ばかりは…

ありふれた自分語り、友人について

私は、私は、私は。 どこまでいっても自分のことしか話をしないが、許してほしい。このブログでは、おそらく記事の9割が私による私のための私の自分語りである。 救いようがないと笑われるかもしれないが、自分なりに自分を整理する場所を設けて、それを誰か…

彼女との思い出語り

小さい頃から誰か特定の友達を作ることが苦手だった。特に女子とは全く話が合わず、見た目もかなり男よりだった私はたいてい近所の男子と登下校を共にし、また学校でもよくつるんでいたと思う。今考えれば、ゲーム禁止、パソコンも禁止、テレビも夜9時以降は…

ゲームとバイトと猛暑と

数年前からどっぷりハマっているゲームがある。小さな規模のゲームで、運営とプレイヤーとの距離がとても近い。良くも悪くも、金と時間とをかけた人間の言葉が運営に届きやすく、それを耳に心地良い言葉に変えてウリにしている流行らないゲームだ。しかし私…